あなたもきっとある!看護師あるある

看護師は、人の命に関わる重要な仕事で、夜勤の勤務もありますし、体力面でも精神的な面でも大変な仕事です。また、病院(医療)という、普通の会社とは違った特殊な環境での仕事です。そんな忙しい看護師だからこその「あるある」はたくさんあります。私が思う、あるいは先輩や友人、知人から聞いた「看護師あるある」を、思いつくままに書いていこうと思います。みなさんの「看護師あるある」もコメントで教えて頂けると幸いです。

とにかく手を良く洗う

看護師は仕事上、清潔にしていないといけないので、普段の手洗いの時にも、爪や手首までしっかり洗う習慣がついています。気になったら肘まで洗ったりします。まぁ、これは今の新型コロナの状況でも必要になっているということもあり、清潔で良い習慣ではありますが、洗い過ぎて肌が荒れてしまうこともあるので、肌荒れの対策のクリームを塗るなど、ケアをするようにしましょう。



時刻は24時間表記を使いがち

看護師の仕事では、薬を飲む時間など、間違ってはいけないので、人に時間を伝えるときや、書類を書くときは、午後1時は13時、午後3時は15時というように、時刻を24時間表記にしています。普段の生活でも24時間表記で言うことが多いですね。

ダイエットが難しい

看護師は、夜勤明けに食事をとるなど、不規則な勤務であり、精神的にも負担になる仕事なので、ダイエットが難しく、どうしても、思うよりも痩せない場合が多いです。ストレス発散でたくさん食べてしまうのは、健康的ではないので、なんとかこの悪い習慣にならない、なってしまった場合は、どこかで止めないといけません。不規則な看護師の業務形態では、ダイエットもそうですが、なかなか健康を維持するのが難しい面がありますね。

体育会系の言動が普通にでる

上下関係が厳しい、体育会系の職場が多いので、例えば、先輩への返事は「すみません。ありがとうございます!」が多いです。人の命を扱う仕事なので、自然とそのような厳しい環境になる場合が多いです。でも、厳しい環境も、度が過ぎると逆に弊害になってしまうと思います。

なんやかんや言っても、やっぱり医療ドラマが好き

看護師は、「実際と違うよね~」と文句言いながらも、医療ドラマを見てしまいます。大好きな人、多いですね。それにしても、最近は医療ドラマが多くなっていますね。

ジャニーズが好き

何故か、ジャニーズに夢中な人が多いです。どの病院に行っても、何人もいますね。私は看護師の友人に頼まれてファンクラブ入ったりしてます。これは看護師に限らない話かも知れませんが。

職場へはオシャレしないで行く

服を衝動買いしていっぱいあっても、職場へは着替えやすいものばかりになりがちです(ちゃんとオシャレする人もいますが)。私は毎日仕事でいっぱいいっぱいなので、通勤のオシャレには全く気が回りません。パジャマみたいな時ありますね・・・

髪は、休日でも看護師ヘアスタイル

休日でも看護師ヘアスタイルの時があります(私だけかも?)。お団子ヘアーは楽ですね。たまに、客室乗務員に間違われますが。

休日や勤務時間外でも、家族や他人の健康が気になる

休日や勤務時間外でも、他人の健康状態が気になることがあります。例えば、高齢の方がふらついて歩いてると、ソワソワします。また、家族の健康管理もします。お母さん、今日何曜日?何食べた?とか聞いたりします。家族にとっては、医者や看護師が身内にいると安心みたいですけどね。

看護師の仕事を全面的におすすめはできない

看護師になりたいと言われると、とても大変な仕事なので、お勧めはできない複雑な気持ち(‘ω’)です。でも、看護師大好きですけどね。立派な仕事ですが、あまりにもハードなので、根性が無いと続きません。