看護師が持ってると役立つ資格(学会認定資格など、医療資格)【2】

看護には、看護師国家資格以外にも、学会認定資格など、多くの資格があります。「専門的にもっと学びたい」「経験・技術を形にしたい」という意欲のある看護師さんは、このような資格を取得して、自分の能力を向上させることも可能です。本投稿では、看護に役立つ資格について、その概要や受験資格、認定者数、合格率、認定に必要な費用などを整理したいと思います。ステップアップを目指す看護師のみなさんに、少しでもお役に立てれば幸いです。



⑪【周術期】周術期管理チーム看護師

1.目的
麻酔科医や外科医の診療内容を十分に理解し、周術期医療全般にわたる知識を有する看護師を認定する。周術期管理に関連した麻酔科医の判断・指示内容を確認し、薬剤師、臨床工学技士をはじめとする多職種と連携して指示に沿った処置をコーディネートします。他職種連携が必須である周術期医療の質を高めるため、俯瞰的な調整を担います。

2.受験資格
①日本国の看護師免許を有すること
②看護師免許を取得後、手術室勤務が満2年間以上あること
③申請する年の3年前の4月1日から申請する年の3月31日までの間に、日本麻酔科学会が主催ならびに共催する周術期セミナーに2回以上の参加実績があること
④申請する年の3年前の4月1日から申請する年の3月31日までの間に、日本手術看護学会が主催する年次大会(地区学会を含む)、あるいは麻酔看護研修に2回以上の参加実績があること

3.認定者数

4.合格率

5.認定にかかわる費用
50,000円~76,000円(セミナー参加費、認定登録料)

⑫【周術期】手術看護実践指導看護師

1.目的
手術看護に対して中堅者以上の実践力を有する看護師を認定する。周術期において安全な手術を実践するために、手術看護チームの指導的役割を担います。

2.受験資格
以下を全て満たすこと。
①看護師免許を有する
②日本手術看護学会正会員で通算3年以上
③手術室経験が通算5年以上
④受験資格ポイントを50点以上取得
⑤手術看護実践事例2例の提出
⑥クリニカルラダーレベルⅢ認定証明書の提出
⑦受験料納付済み証明書の提出

3.認定者数

4.合格率

5.認定にかかわる費用
40,000(申請料、認定登録料)

⑬【消化器】消化器内視鏡技師

1.目的
消化管内視鏡検査・治療の介助、補助業務に携わる看護師や医療技術者の資格です。近年、診断や治療など、多岐にわたり著しい進歩を遂げている内視鏡診療に必要な存在となっています。

2.受験資格
以下を全て満たすこと。
●第1種対象資格:看護師(助産師、保健師を含む)、臨床検査技師、診療放射線技師、薬剤師、衛生検査技師、臨床工学技士
●第2種対象資格:准看護師
①日本内視鏡学会専門医(非常勤を含む)指導のもと、消化器内視鏡部門で実際に内視鏡に従事した勤務年数が、申請書提出時で満2年以上
②学会主催の医学講習会または勤務先の当学会専門医の医師から医学講義を規定時間以上受講していること
a)消化器に関する基礎医学講義(20時間以上:1種のみ)
b)消化器内視鏡に関する基礎講義(20時間以上:1種・2種)
③5年以内に、学会または支部主催の消化器内視鏡技師研究会または技師学会に2回以上出席
④5年以内に、学会支部長承認の内視鏡機器取り扱い講習会またはセミナー基礎編に1回以上出席

3.認定者数
約23,000人(1種)
約3,800人(2種)

4.合格率
約95%

5.認定にかかわる費用
15,000(受験料、認定登録料)

⑭【輸血】学会認定・自己血輸血看護師

1.目的
自己血輸血の正しい知識をもち、適正で安全な自己血輸血ができる看護師を認定します。臨床の輸血において指導的な役割を担います。

2.受験資格
①日本自己血輸血学会あるいは日本輸血・細胞治療学会の会員であること。
②臨床経験が2年以上の看護師で、自己血輸血業務経験が1年以上あること(准看護師は不可)。
③自己血輸血実施症例が30例以上あること。
④所属施設に自己血輸血担当医師(日本自己血輸血学会または日本輸血・細胞治療学会会員)がいること。

3.認定者数
約380人

4.合格率
約98%

5.認定にかかわる費用
40,000(申請料、研修費、受験料、認定登録料)