看護師グッズ(ナースグッズ) 今すぐ使いたくなる便利な医療用アイテムをご紹介

看護師は、病院での業務の中で、様々なアイテム(グッズ)を使って、仕事をしています。
病院から支給されるものもありますが、仕事を効率化するために、自らお金を出して、アイテムを購入する看護師もいます。
ベテランの看護師さんは「どうしても、これじゃないと、、、」というグッズを持っている方もいます。
各々、自分で使い易いアイテムを見付けて、使っているようです。(私もその一人です)




この記事では、現役看護師の私が実際に使っている自分で買い揃えた便利グッズと、
病院のグッズで持ち運んでいるもの等をご紹介します。
ナースのみなさまの少しでもご参考になれば幸いです。

自分で買い揃えたグッズ

①医療用ハサミ
医療用ハサミは、何かとよく使うので、自分が使い易いものじゃないと困ります。

②jet stream 4色ボールペン
常に診療データややるべきことを記録している看護師には、ボールペンは必要不可欠です。
耐久性があるもの、書き易いものでないと困ります。
私は、このjet streamを新人の時からずっと使っています。
色によって、使い分けています。
赤:時間を守る必要があること。(オペ出し時間、麻薬の時間など)
青:自分の勤務内で忘れずにやること。時間は多少ずれていても良い。(点滴、内服など)
緑:確認したいこと。
黒:その他

③ペアン(鉗子)
たまに使います。

⑤ペンライト(瞳孔計)
・瞳孔の確認をするとき使います。

⑥時計
時計は、患者さんの呼吸数を測る時に使ったり、大事なグッズです。
昔は点滴合わせにも時計を使っていましたが、今の病院ではほとんど輸液ポンプがついていますね。

⑥メモ帳、ポストイット
常に記録が必要な看護師にとって、メモ帳やポストイットは有効です。
記録し易いものが求められます。

病院のグッズで持ち運んでいるもの

①アルコール綿
②医療用テープ
③手指消毒液
④聴診器・ステート
⑤心電図モニターシール

私は病院で、医療用テープとアルコール綿、手指消毒液はぶらさげて、あとはポケット入れて、首に聴診器・ステートを巻いて動いています!
循環器専門病院なので、心電図モニターシールも入れてます。
取りに行くのが手間なので、沢山のものを入れたウエストポーチを使っていたこともありますが、
介護度が高い患者さんを対応する時には、腰にウエストポーチがあると邪魔なので、現在ではポケットに入る分だけにしています。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
他にも、看護師の就職や転職の経験、給料(収入)、看護師に必要な資格など、いろいろな記事を書いていますので、是非見て頂けると嬉しいです!
今後とも宜しくお願いします!
転職を経験した現役看護師による就職・給料(収入)・資格(試験)・看護師の基本などの看護師情報サイト