看護師の短時間アルバイト・副業・お小遣い稼ぎ
【ナースにおすすめ:高額・隙間時間(スキマ時間)の仕事 高時給 高日給 高収入 日払い 病院以外 確定申告】

看護師(ナース)の仕事は夜勤も残業もあり大変ですが、病院あるいは病院以外の場所で、副業の仕事、アルバイト、ダブルワークをしている方は多くいらっしゃいます。

日勤中心(日勤専従)で働いている方や、夜勤中心(夜勤専従)で働いている看護師のみなさんは、どのような仕事を、どのような頻度でされているのでしょうか?

また、副業をするにあたり、どのような事に注意しないといけないのでしょうか?

この記事では、看護師が本業をしながら、空き時間(すきま時間)で、副業、アルバイト、お小遣い稼ぎをするための仕事の種類や方法、注意点、副業が禁止されている場合の収入を増やす方法、確定申告が必要になる場合等の情報を書いていきたいと思います。




(1)看護師がアルバイト・副業をするにあたり、注意すること

看護師がアルバイト・副業(ダブルワーク)をするにあたっては、以下の事項に注意する必要があります。

(1.1)本業で副業が許されているか(病院などの規定で禁止されていないか)

本業で副業が禁止されていれば、副業をすることは出来ません。

まずは本業の規定を確認してください。

公立の病院(国立病院、公立病院、都立病院、市立病院、保健所等)に勤めていると、看護師も公務員とみなされます。

そうすると、国家公務員法、地方公務員法に従う必要があるため、公立の病院(国立病院、公立病院、都立病院、市立病院、保健所等)では、基本的に営利目的である副業は禁止されています。

これに違反して見つかると、首にする「免職」と、一定の期間働けずに給与がもらえない「停職」、給料が減らされる「減給」、厳重注意される「戒告」の4つの罰則が待っています。

民間の病院や医療施設では、公立の病院よりも緩いですが、施設によって、禁止している所もあるので、確認が必要です。

(1.2)本業の勤務形態に合っているか(健康面で無理がないか)

看護師の仕事は体力面と精神面の双方で大変な仕事です。

そんな看護師は、本来、休みの日は、心と身体を休める必要があると思います。

しかしながら、いろいろな事情でお金をもっと稼がないといけない方、もっとお小遣いを稼ぎたい方もいらっしゃると思います。

看護師が副業(ダブルワーク)・アルバイトをする際には、本業に支障がない程度の、時間が決められていて、あまり疲れやストレスがたまらない仕事にした方がよいでしょう。

たとえば、看護師として週5日日勤の勤務をされている方の場合、1日は休暇が必要と思います。

残りの1日を疲れがたまらない副業にするくらいが、健康で長くダブルワークを続けるためには適しているのではないでしょうか。

また、夜勤専従で働いている看護師の方が副業をする際には、休みの日の日中に数時間働くくらいが無理のない働き方なのかも知れません。

無理をして、体や心を病んでしまうと、逆にお金がかかってしまうことにもなりかねませんのでご注意ください。

くれぐれもご自身の身体のことを一番に考えてください。

(1.3)副業が一定の収入を超えると確定申告が必要

確定申告については、副業の種類によって、計算方法が異なります。

======================

①副業がアルバイトやパートの場合

看護師として医療機関で働いていて給料をもらっている方で、副業がアルバイトやパートの場合、アルバイトやパートの収入が1年間で20万円以下であれば確定申告の必要はありません

②副業がアルバイトやパート以外の場合(内職など)

看護師として医療機関で働いていて給料をもらっている方で、副業が内職など、アルバイトやパート以外の場合、副業の所得が1年間で20万円以下であれば確定申告の必要はありません

上記で、「所得が20万円以下」と書きましたが、ここで言う「所得」とは「売上-経費」のことです。

例を挙げると、売上が50万円あったとして、経費に35万円かかっていれば、所得としては、差し引いて15万円になるので、確定申告をする必要はないということになります。

③副業がアルバイトやパートと、それ以外の双方の仕事をしている場合

副業がアルバイトやパートと、それ以外の双方の仕事をしている場合は、上記①と②を足した数値で計算します。

アルバイトやパートの収入と、それ以外の仕事の所得金額を合計して、20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。
======================

所得税の確定申告の時期は毎年2月16日~3月15日までとなっています。

確定申告の時期が近づいてきたら早めに提出できるよう、1月中には前年分の収入についてまとめておくと安心です。

(2)おすすすめの副業・アルバイト

(2.1)健診センター(検診センター)看護師のアルバイト

(2.2)イベント看護師・ツアー看護師のアルバイト

(2.3)訪問看護師(在宅看護師)のアルバイト

(2.4)老人ホーム(ホスピス)のアルバイト

(2.5)予防接種・ワクチン接種のアルバイト

(2.6)採血看護師のアルバイト

(2.7)緊急電話対応(メディカルコールセンター)のアルバイト

(2.8)日雇い看護師のアルバイト

(2.9)飲食店のアルバイト

(3)本業で副業(ダブルワーク)が禁止されている看護師が収入を増やす方法

(3.1)夜勤専従看護師への変更

(3.2)株式投資

(3.3)不動産投資

ここまで読んで頂きありがとうございました。
他にも、看護師の就職や転職の経験、給料(収入)、看護師に必要な資格など、いろいろな記事を書いていますので、是非見て頂けると嬉しいです!
今後とも宜しくお願いします!
転職を経験した現役看護師による就職・給料(収入)・資格(試験)・看護師の基本などの看護師情報サイト

=======================