看護師へプレゼントする時に考えて欲しいこと(恋人、夫婦、友人、先輩、後輩、同期)

看護師さんへのプレゼントや贈り物は何にしたらいいか、悩まれている方も多いのではないでしょうか。私もよく、同期や先輩看護師の誕生日や記念日などに、何をあげればよいのか悩むことが多いです。仕事でいつも使っているアイテムをあげたらいいのか、それとも仕事とは関係ないものの方が嬉しいのか、、、など、悩んでしまいます。おそらく、恋人や夫婦、友人、先輩、後輩、同期など、プレゼントをあげる方との関係や、看護師としての経験年数、どのような記念日なのか、など、ケースによって違ってくるのではと思っています。この記事では、様々なケースによって、看護師さんにはどのようなプレゼント(贈り物)がいいのか、考えていこうと思います。



①男性から看護師の恋人(彼女)へのプレゼント

恋人へのプレゼントでは、サプライズとしてあげるケースと、あらかじめ、欲しいものを聞くケースがあると思います。サプライズとしてプレゼントする場合は、やはり、ありきたりの仕事で使うようなグッズでは、サプライズ性が下がってしまうと思いますので、避けた方が無難なのではと思います。あらかじめ、欲しいものを聞くケースでは、看護師の恋人であれば、自分の仕事で今必要なものを買って欲しいとお願いするかも知れません。ただ、それがあまり高価なものでない場合には、希望の品以外に、少しサプライズ的な贈り物を合わせてプレゼントすると、とても喜ばれることは間違いないでしょう。

②男性から看護師の奥さん(妻)へのプレゼント

夫から、日頃の感謝を看護師の奥さんに伝えるために、誕生日のプレゼントは重要な位置付けにあると思います。奥さんが具体的にXXXXが欲しいと言っていないのであれば、看護の仕事で使うグッズをあげるのは避けて、仕事から離れた観点でのプレゼント選びが大切だと思います。例えば、日頃、夜勤や残業で大忙しな看護師は、お肌が荒れてしまっていることが多くあります。そんな時に、美容グッズや、ボディケアグッズなどをプレゼントしてもらったら、「この人、分かってくれてる」とポイントアップになるかも知れません(人によっては、「まだ働かせるつもりなのか!」と怒られることもあり得るのでご注意)。

③お世話になった看護師へのプレゼント

患者さんからお世話になった看護師さんへのプレゼント(贈り物)は、あまり重くなってはいけません。高価すぎるプレゼントも、もらう方が逆に困ってしまうのでNGです。お菓子など、看護師仲間で分けて食べることができるものが良いと思います。

④看護師の友人へのプレゼント

日頃、夜勤や残業で大忙しな看護師は、お肌が荒れてしまっていることが多くあります。そんな時に、ハンドクリームなど、美容グッズや、ボディケアグッズをプレゼントしてもらったら、とても喜ばれることは間違いありません。マッサージ屋のクーポンなどもありですね。

⑤看護師の女性からベテラン看護師へのプレゼント

ベテラン看護師は、長年看護師として働いているので、美容グッズやボディケアグッズは、すでに必要なものを十分に持っている可能性が高いです。自分の好きなブランドやメーカが固まっているかも知れません。希望を聞かずに買うのは少しリスクがありそうです。なので、経験が豊かなベテランの看護師さんにプレゼントする場合は、仕事から少し離れた視点で考えると良いかも知れません。

⑥看護師の女性から若手看護師へのプレゼント

若手の看護師さんは、まだ看護グッズが何かよいのか、ブランドやメーカの好みが決まっていない(いろいろ試している)場合が多いです。なので、いつも使っていないブランドやメーカの看護師グッズをプレゼントして、試してもらうというのもありだと思います。気に入って、これからも使っていこう、となる場合もあるかも知れません。ベテラン看護師さんよりも、大量買いをしていないかも知れないので、持っている看護師グッズでも、喜ぶかも知れません。