看護師へプレゼントする時に考えて欲しいこと(ナースの彼女 恋人 妻 友人 先輩 後輩 上司 医者 同期への贈り物・記念日のギフトは何がいい?)

看護師さん(ナース)や准看護師、看護助手など、医療従事者の方へのプレゼントや贈り物(ギフト)って、何にしたらいいのか、すごく悩みますよね。

私もよく、同期や先輩看護師や後輩の誕生日や記念日(婚約記念日、結婚記念日、出産記念日、入学記念日、卒業記念日など)、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー、歓迎会や送別会の時に、何をあげればよいのか、お返しは何がよいのかなど、悩むことが多いです。

看護の仕事でいつも使っているアイテムをあげたらいいのか、それとも看護師の仕事とは関係ないものの方が嬉しいのか、、、などなど、いろいろ悩んでしまいます。

男性であれば、看護師の友達や彼女、または奥さんに何をあげたら喜んでもらえるのか、とても悩まれると思います。

おそらく、彼女や恋人、妻、友人、先輩、後輩、同期、同僚、上司、医者など、プレゼントをあげる方との関係や、看護師としての経験年数、どのような記念日なのか、など、お祝いのケースによって違ってくるのではと思っています。

この記事では、様々なケースによって、看護師さんにはどのようなプレゼント(贈り物)を贈ると喜ばれるのか、について考えて整理しましたので、何をあげようか悩まれている方に、少しでもご参考になれば幸いです。




①男性から看護師の彼女へのプレゼント

男性から看護師の彼女(恋人)へのプレゼントでは、「サプライズとしてプレゼントする」ケースと、「前もって欲しいものを聞く」ケースがあるのではないでしょうか。

サプライズとしてプレゼントする場合は、やはり、ありきたりの仕事で使うようなグッズでは、サプライズ性が下がってしまうと思いますので、避けた方が無難なのではと思います(看護師さんの性格によっては、「プレゼントなのに、仕事のことを思い出させないでよ」と逆にマイナスに思われる場合もあるので注意してくださいね)。

前もって欲しいものを聞く場合は、看護師の彼女であれば、自分の仕事で今必要なものを買って欲しいとお願いするかも知れません。

ただ、それがあまり高価・高額なものでない場合には、希望の品以外に、相手の好みに合わせて、少しサプライズ的な贈り物を合わせてプレゼントすると、とても喜ばれることは間違いないでしょう。

「サプライズ的な贈り物」は、あなたの彼女・恋人が驚き、そして喜び、感動するものをじっくり考えてください。

言うまでもありませんが、これは値段ではありません。あなたの気持ちが大事です。

そして、プレゼントには、愛のあるメッセージ(手紙)は必ず添えてくださいね

「照れくさい」と思うかも知れませんが、その時に感じた二人の思いは、いつまでも記憶として残ります。

年によって、やり方を変えるのも手です。毎年同じプレゼントでは、飽きてしまうかも知れません。

「去年は欲しいものを聞いてプレゼントしたから、今年はサプライズにしよう」とか、

「去年はサプライズにしたけど、今年は希望をしっかり聞いて、それをプレゼントしよう」とか、

変化をつけても良いと思います。

ちなみに、ご参考までに私が個人的にもらって嬉しかったプレゼントは、夜景が見える素敵なお店でのディナーや、お花(バラの花束)、手紙、エステ・マッサージチケット等です。

②男性から看護師の奥さん(妻)へのプレゼント

夫から、日頃の感謝を看護師の奥さんに伝えるために、プレゼントは重要な位置付けにあると思います。

奥さんが具体的に「XXXXが欲しい」と言っていないのであれば、 看護の仕事で使うグッズをあげるのは避けて、仕事から離れた観点でのプレゼント選びが大切だと思います。

例えば、日頃、夜勤や残業で大忙しな看護師は、お肌が荒れてしまっていることが多くあります。

そんな時に、美容グッズや、ボディケアグッズ、アロマなどをプレゼントしてもらったら、「この人、分かってくれてる」とポイントアップになるかも知れません。

マッサージチケットや、癒し系グッズもよいでしょう(場合によっては、「まだ働かせるつもりなのか!」とか、「お肌が荒れているという指摘?」などと怒られることもあり得るのでご注意を!)。

彼女に贈る場合も同じですが、愛のあるメッセージ(手紙)は必ず添えてくださいね!

③患者としてお世話になった看護師へのプレゼント

患者として病院に入院した時など、看護師には非常にお世話になり、感謝の気持ちを表したいと思うでしょう。

しかしながら、そのような患者さんからお世話になった看護師さんへのプレゼント(贈り物)は、あまり重くなってはいけません。

高価すぎるプレゼントは、もらう方が逆に困ってしまうのでNGですし、そもそも患者からの贈り物は受け取れない病院が多いです。

1つ1つ包装してあるお菓子など、そこまで高価ではなくて、看護師仲間で分けて食べることができるものが良いと思います。

④看護師の同期や友人へのプレゼント

日頃、夜勤や残業で大忙しな看護師は、お肌が荒れてしまったり、体中が疲労感でいっぱいになってしまったりしていることが多くあります。

そんな時に、ハンドクリームなど、美容グッズや、ボディケアグッズをプレゼントしてもらったら、とても喜ばれることは間違いありません。

マッサージ屋のクーポンやアロマなどもありですね。

また、同期や友人であれば、気さくに話が出来るので、希望を聞くのもありだと思います。

仕事に関するグッズなどが欲しいというかも知れません。

看護師の同期や友人へのプレゼントには、自分がもらって嬉しいものというのも基準の一つかも知れません。

⑤看護師の女性からベテラン看護師(先輩、上司)へのプレゼント

ベテラン看護師(先輩、上司)は、長年看護師として働いているので、美容グッズやボディケアグッズは、すでに必要なものを十分に持っている可能性が高いです。

自分の好きなブランドやメーカが固まっているかも知れません

希望を聞かずに買うのは少しリスクがありそうです。

なので、経験が豊かなベテランの看護師さんにプレゼントする場合は、あらかじめベテランの先輩看護師さんに希望を聞くか、その人の好みに合わせて、仕事から少し離れた視点で考えると良いかも知れません。

お酒が好きな方には、ワインや日本酒、ウイスキーなど、少しオシャレで美味しいお酒をあげるのも一案ですね。

⑥看護師の女性から若手看護師へのプレゼント

若手の看護師さんは、まだ看護グッズが何かよいのか、ブランドやメーカの好みが決まっていない(いろいろ試している)場合が多いと思います。

なので、いつも使っていないブランドやメーカの看護師グッズをプレゼントして、試してもらうというのもありなのではないでしょうか。

気に入って、これからも使っていこう、となる場合もあるかも知れません。

自分が使っていてよいと思うものを贈るのもありでしょう。

また、ベテラン看護師さんよりも、大量買いをしていないかも知れないので、持っている看護師グッズでも、喜ぶかも知れません。

=======================

ここまで読んで頂きありがとうございました。

他にも、看護師の就職や転職の経験、給料(収入)、看護師に必要な資格など、いろいろな記事を書いていますので、是非見て頂けると嬉しいです!

今後とも宜しくお願いします!

転職を経験した現役看護師による就職・給料(収入)・資格(試験)・看護師の基本などの看護師情報サイト