【看護記録の書き方の基本:経過記録 -5.2-】フォーカスチャーティングの書き方の基本 POS FDAR データ フォーカス アクション 反応

看護師が書くPOS(問題指向型システム)の考え方に基づいた看護記録には、フォーカスチャーティングという記録方法もあります。

フォーカスチャーティングとは、フォーカスを自由に記載し、情報・実施・反応を順序立てて記載する記録のことです。




(1)フォーカスチャーティングの形式

フォーカスチャーティングでは、SOAP形式と同様にPOSで書きます。

看護ケアと患者の反応が明確になる記録方法です。

DAR形式を用いて記録します。

(2)FDARとは何か

①フォーカス(Focus)とは

フォーカスチャーティングにおけるFDARとは、患者の問題点のことです。

フォーカス(Focus)は、「焦点」という意味があります。簡単に言えば、は何の内容のタイトルという捉え方で大丈夫です。

この部分には、いま患者が抱えている問題や患者の症状、看護師のケア内容や治療、処置など、様々なものが当てはまります。

ベテランナースからのアドバイス

SOAP形式では看護問題(看護診断)がタイトルと決まっていましたが、フォーカスチャーティングでは、それにとらわれないという点が違います。

②D:データ(Data)とは

データとは、フォーカスに関する情報のことです。

主観的な情報や客観的な情報、どちらもここに当てはまります。

フォーカスに関連する内容であれば、どんなことでも大丈夫です。

③A:アクション(Action)とは

アクションとは、何をしたかです。

フォーカスに対して、どんなケアや処置を行ったのかを書きます。

また、今度どのような看護を提供していいくのか、どのような計画にするのかについても、ここに記載します。

④R:反応(Reaction)とは

反応とは、どうなったのかです。

アクションで患者に行ったケアや処置の結果、患者からどのような反応が得られたのかを書きます。

投与した薬剤の硬化が発現するまでに数時間かかるなど、反応が得られるまでに時間がかかる場合は、すぐに書かなくても構いません。

(3)フォーカスチャーティングの良い点

・フォーカスで取り上げる内容に柔軟性があり、自由な観点で記録が出来る。

・看護記録の内容とその反応について書くため、ケアにおける一連の流れが把握しやすい。

(4)フォーカスチャーティングの悪い点

・フォーカスで取り上げる内容が人によって異なるため、他の日との比較がしにくい。

・新人とベテランでは、フォーカスにおける適切性の差が大きくなる場合がある。

・フォーカスを当てる箇所により、記録の数が増えやすい。

SOAP記録とフォーカスチャーティングの関係

SOAP記録の構成要素は、S(Subjective Data)、O(Objective Data)、A(Assessment)、P(Plan)ですが、さらに、I(Intervention: 介入)、E(Evaluation: 評価)を加えたSOAPIEとする場合もあります。

フォーカスチャーティングとは次のような関係にあり、SOAPからフォーカスチャーティングへの移行は比較的容易にできます。

SOAP(IE) フォーカスチャーティング
S(主観的データ):Subjective Data
O(客観的データ):Objective Data
D(データ):Data
A(アセスメント):Assessment F(フォーカス):Focus
P(計画):Plan
I(介入):Intervention A(アクション):Action
E(評価):Evaluation R(反応):Response

ベテランナースからのアドバイス

フォーカスチャーティングでは、SOAP形式と同様にPOSで書きます。

看護ケアと患者の反応が明確になる記録方法です。

=======================
ここまで読んで頂きありがとうございました。

他にも、看護師の就職や転職の経験、給料(収入)、看護師に必要な資格など、いろいろな記事を書いていますので、是非見て頂けると嬉しいです!

今後とも宜しくお願いします!

転職を経験した現役看護師による就職・給料(収入)・資格(試験)・看護師の基本などの看護師情報サイト